仕事の面接

少し前に面接を受けた会社で、面白いことを言われました。「わが社は女性が9割。そのため、どこか女子高のようなノリがある。具体的に言うと、派閥もあるし人間関係に関してはかなり厳しい。

それでもよかったらぜひ働いてほしい」面接の時点でコレを言われるということは、おそらく相当人間関係が相当に厳しい職場なのだと悟りました。それでも行こうかな、と思ったのですが、お断りしました。

面接で言われるのはかなりレアなケースですが、実際のところ、「そんなものだ」というのが正直な感想です。人数が多くなれば派閥は生まれます。些細なことで致命傷を受けることも多々。大企業ばかり渡り歩いてきたため、決して珍しいとは思いません。どちらかというと問題は「それでOK」にしている会社の体質でしょう。

根本的な解決策がないため止むを得ませんが、会社側がそれをすんなり受け入れるのには問題があると感じました。今でも「行くべきだったかな」と思うことはあります。非正規でしたがかなりの高時給でした。

世の中にはいろんな会社がありますし、あちこち経験すればするほど興味深いことばかりです。非正規で渡り歩くのも悪くないな、と思うこともあります。もし次に縁があれば、そこに入ってみたいような気もしています。